インフルエンザ予防接種の効果

インフルエンザの予防方法として、みなさんが一番最初に思いつくのはワクチンによる予防接種ではないでしょうか?子供や高齢者、妊婦の方など幅広い方が受けている予防接種ですが皆さんは予防接種のことをどの程度理解していますか?

インフルエンザの潜伏期間と症状・治療薬にタミフル

毎年、乾燥した冬の季節になるとインフルエンザが流行し始めます。ですから、インフルエンザが流行する前に手洗い・うがい・予防接種などの対策はもちろんのこと、症状やウイルスの感染力などインフルエンザについて詳しく知っておくことが必要です。

インフルエンザウイルスの種類

インフルエンザは大きく分けるとA型・B型・C型といった3種類の型のウイルスがあり、それぞれ流行時期や感染時の症状が違います。ただ、ほとんどの人が子供の頃に感染して抗体をもっているC型の場合には感染したとしても微熱や鼻水・鼻づまり程度の風邪のような症状しか出ません。ですから、今回はA型とB型のインフルエンザウイルスの特徴を紹介したいと思います。

インフルエンザA型

まず、流行する時期はA型が12月から3月、B型は2月から3月となっています。また、流行する時期と同様にウイルスの型によって症状も多少の違いが出てきます。より重い症状を引き起こすのはA型によるもので、38度を超える急な高熱や全身の筋肉痛、関節痛、強い倦怠感などに加え鼻水や頭痛、咳などの風邪のような症状が出ます。

インフルエンザB型

そして、A型に比べて高熱や全身に現れる症状が軽い場合が多いのがB型です。ただ、微熱が続く場合も多いため風邪と間違いやすいという難点があり、初期治療が遅れて症状の悪化や感染の拡大を招いてしまう可能性も高いので注意が必要です。

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザの場合は、ウイルスに感染してから、実際に症状が出るまでの潜伏期間は、通常で1日から3日間程度

引用元:インフルエンザ潜伏期間 – インフルエンザ治療・予防薬@通販

インフルエンザウイルスは人間の体内で増殖するスピードが速く、感染後1日から3日程度の潜伏期間で高熱などの症状が現れます。しかも、インフルエンザウイルスは症状が現れる前の潜伏期間中の段階から高い感染力を発揮します。そのため、家族や友達など身近な人がインフルエンザになった場合にはすでに自分自身もウイルス感染している可能性があるのです。

インフルエンザの予防法

インフルエンザには、予防接種はもちろんのことマスクの着用や手洗い・うがい、タミフルなどの治療薬を予防薬として服用するなど、流行期にはインフルエンザにかからないための予防対策をしっかりと行うことが重要になってきます。

タミフルの使用方法と使用上の注意点

インフルエンザの治療薬として使用されているタミフルにはウイルスの増殖を抑える効果があります。そして、そういったウイルスの増殖抑制効果があるためインフルエンザ予防薬としても使用されているのです。しかし、インフルエンザは感染後すぐに症状が出始めるので、インフルエンザにかかった人と接触してからすぐに服用する必要があります。

ただ、予防薬としてタミフルを医療機関で優先的に処方してもらうためにはいくつかの条件があります。まず、家族など同居人がインフルエンザに感染していることです。そして、タミフルを予防薬として服用する人の健康状態も大きく関わっており、インフルエンザにかかったときに重症になる可能性がある高齢者をはじめ慢性呼吸器や慢性心疾患、心不全など慢性の心臓病、糖尿病などの代謝性疾患、腎機能障害の方などに優先して処方されます。

また、これらの条件を満たさない人でもタミフルを使用することはできます。しかし、適応外処方となるため服用したことで重い副作用が起こったとしても医薬品副作用被害救済制度による補償を受けることができませんから、適応外処方を希望する方はそういったことを覚悟の上で医師に相談してみてください。

ちなみにインフルエンザの予防薬としてタミフルを服用した場合には、吐き気や腹痛、下痢などの胃腸障害といった副作用が報告されており、これは治療薬としてタミフルを使用した際とほぼ同じです。また、極めて確率は低いようですが重症化してしまうと肝臓障害や皮膚障害、出血性大腸炎などを引き起こす可能性もあるようです。

また、新聞やテレビのニュースなどでも大々的に報道され話題となりましたが、治療薬としてタミフルを使用した若い十代の子たちの中には服用後に異常行動をした子たちも存在しました。そのため、若い十代の子がタミフルを予防薬として使用する際には注意が必要です。