インフルエンザ予防接種の効果

インフルエンザの予防方法として、みなさんが一番最初に思いつくのはワクチンによる予防接種ではないでしょうか?子供や高齢者、妊婦の方など幅広い方が受けている予防接種ですが皆さんは予防接種のことをどの程度理解していますか?

予防接種と加湿器による適正湿度でインフルエンザ予防

冬から春にかけて猛威をふるうインフルエンザを効果的に予防するには、事前に予防接種を受けることがすすめられています。一般にワクチン接種の効果が現れるのは、接種してから約二週間後と言われています。そのため、予防接種を受ける時期は大きなポイントとなります。
通常であればインフルエンザが流行するのは、12月の中旬頃から3月の上旬頃です。それで、早めの11月中に予防接種を受けるなら効果的に予防することができるでしょう。なお、予防接種の効果はおよそ五か月持続すると報告されています。
このようにインフルエンザの予防にたいへん有効な予防接種ですが、残念ながらすべての人が受けられるわけではありません。ワクチンそのものの量も限られていますし、病気や体質、体調不良などの理由で受けられない人もいるでしょう。そんな方々にも行なうことができる簡単な予防策があります。その一つが適正な湿度の保持です。
空気が乾燥すると、鼻や喉の粘膜の大事な防御機能が低下してしまいます。この機能の低下によって、インフルエンザウイルスを体内に取り込んでしまう確率が一層高くなると言われているのです。さらに、空気が乾燥すればするほどウイルスの生存率が高くなるという報告もあります。逆に言えば、適正な湿度を保つことによって、ウイルスを不活性化できるというわけです。適正な湿度の保持が大切だと言われる理由はそこにあると言えるでしょう。
適正な湿度を保つために加湿器を利用することができるでしょう。加湿器にも実にいろいろな種類があるため、是非とも賢く選んでみたいものです。最近は、極小イオンを搭載した加湿器も出てきました。この極小イオンの働きによって、室内のウイルスを分解し除去しようとする試みがなされており、効果がある程度実証されているとも言われています。