インフルエンザ予防接種の効果

インフルエンザの予防方法として、みなさんが一番最初に思いつくのはワクチンによる予防接種ではないでしょうか?子供や高齢者、妊婦の方など幅広い方が受けている予防接種ですが皆さんは予防接種のことをどの程度理解していますか?

予防接種のワクチンで発症した場合のメーカー補償

小さい子供を持つお母さんにとって、予防接種のスケジュールを立てるのは非常に大変なことです。

予防接種の一つに、ポリオワクチンというのがあります。

現在ではほとんどの接種が数回の注射による不活化ワクチンですが、以前は生ワクチンが主流でした。

生ワクチンとは、ポリオウィルスの毒性を弱めたものをシロップなどで体に入れて抗体を作るもので、不活化ワクチンというのは毒を出さない状態のウイルスを体に入れて抗体を作ります。

生ワクチンは、毒性は弱まっているものの体に毒を入れるということであり、リスクがつきものでもし生ワクチンによってポリオを発症した場合には日本国内の補償は無料で受けられるとされています。

不活化ワクチンの場合は、毒を出さないウイルスであるため、ポリオを発症する副作用は少なく、それでももし発症した場合にはメーカーからの補償が受けられますが、それは有料のものです。

メーカーと一口に言っても会社の種類は様々あり、色々なメーカーからワクチンが販売されていますが、その効果はどのメーカーでもあまり変わらないとされています。

しかし、いくら国からの補償やメーカーからの補償が期待できたとしても、病気を発症する確率は2分の1であり、子供を持つ親御さんにとったら非常に危険な賭ともいえます。

そのため、ポリオの発症の可能性が高い生ワクチンではなく、多少費用が高くても毒性が少なくて発症する可能性の低い不活化ワクチンを取り寄せている病院で子供に予防接種を受けさせる親御さんが急増し、現在では自治体によっても異なりますが、不活化ワクチンでも無料で受けられるようになってきています。

最近では、子宮頸がんワクチンによって副反応が起こり補償を求めて活動している人もいて、実際に病気を発症する可能性もないわけではありませんが、子供の健康のためには重篤な症状にならないためにも予防接種はやはり欠かせないものだと言えます。