インフルエンザ予防接種の効果

インフルエンザの予防方法として、みなさんが一番最初に思いつくのはワクチンによる予防接種ではないでしょうか?子供や高齢者、妊婦の方など幅広い方が受けている予防接種ですが皆さんは予防接種のことをどの程度理解していますか?

インフルの季節になったら空気浄化機と予防接種が必要

予防接種というのは、いろいろな病気を予防するために受ける注射のことです。子供が生まれてから幼児になるまで人がいろいろな予防接種をうけます。そうした予防接種のほかに季節の中で、うける予防接種にインフルエンザの予防接種があります。これは日本で秋から冬の季節にかけて爆発的に大流行するために、日本国民に摂取を促す注射のことです。
なぜインフルエンザの予防接種を国が推奨しているのかというと、インフルエンザが非常に感染力が強いということになるからです。
インフルエンザは飛沫感染するので、あっというまに大流行してしまうということにあります。しかも体内にはいってから完全に体内にでるまでに5日くらいかかるために、熱がさがってときに安心して外出してしまうと、知らず知らずにうちに人に移してしまう可能性があるのです。とくに電車や学校など人が集まるところは、注意が必要です。そして幼児や高齢者のような、免疫力の弱い人が感染してしまった場合、症状が重くなる可能性があるために感染しないように対策を立てる必要があるのです。ではどのような方法でインフルエンザを予防したらいいいのでしょうか?完全に感染しない方法というのはありませんが、やるべき方法はいろいろあります。たとえば家での予防方法としては、空気浄化機を家の入口付近において、なるべく菌を家に持ち込まないようにするといいのです。さらにはリビングや子供部屋などに、空気浄化機をいれておくのも効果的です。インフルエンザが流行る季節になったら空気浄化機を用意したほうがいいのです。また手洗いうがいを徹底したりすることも有効です。でも一番の予防法はやはりインフルエンザの予防接種を毎年受けるということです。毎年きちんと受けていくことで、免疫がつくられていくと言われています。