インフルエンザ予防接種の効果

インフルエンザ予防接種の効果

インフルエンザの予防方法として、みなさんが一番最初に思いつくのはワクチンによる予防接種ではないでしょうか?子供や高齢者、妊婦の方など幅広い方が受けている予防接種ですが皆さんは予防接種のことをどの程度理解していますか?

インフルエンザ予防接種は効果があるのか?

インフルエンザが流行するシーズンが近づいてきても、予防接種を受けてもどうせ効果がないからと勝手に決めつけてしまって、予防接種を受けに行かない人は意外と多いものです。そもそもどうして予防接種を受けてもインフルエンザの予防に効果がないと思ってしまうのでしょうか。それは予防接種を受けたとしても自分に免疫力がない限り、結局は発症するものだと思い込んでしまっているからです。そしてそれは確かに間違いではありません。毎年ばっちり予防接種を受けているという人であったとしても、なぜか毎年インフルエンザにかかってしまうという人は多くいるものです。どうして接種を受けているのにも関わらずインフルエンザになってしまうのかと言えば、それはとにかく生活習慣の乱れ等が原因となっていることが多いのです。生活習慣が乱れてしまうと免疫力も落ちてしまうものです。そして免疫力が低下すれば、いくら予防接種を受けていたとしても、病気になってしまうことを免れません。その結果として病気になってしまうのです。とはいっても予防接種を受けている人なので、かかったとしても軽く済むというメリットはあります。なので例え予防接種にインフルエンザを完全に防ぐ効果がなかったとしても、万が一かかってしまった時に症状の出を軽くするという効果はあるものですので、やはり接種を受けた方が良いと言えるのです。
つまり結論から言えば、接種には十分インフルエンザを予防する効果があるということです。なので頭ごなしに効果がないと思い込んで接種を受けないのではなく、万が一かかった時に症状を軽く済ませることが出来るだけでも良いという気楽な気持ちで、接種を受けるようにするべきなのです。

予防接種を受けたのに感染した

インフルエンザ等の感染症を予防する為の予防接種を受けたのに、結局感染してしまったという人は、日本中にいくらでもいます。予防接種を受けることで、確かに高確率で感染症等になってしまうのを防ぐことが出来ます。少なくとも、予防接種を全く受けない人に比べれば、受けている人の方が感染してしまう確率は低くなるものなのです。しかしあくまでも確率を低くするだけであって、完璧に感染してしまうのを防ぐことを期待することは出来ません。予防ワクチンとて所詮は人間が開発したものに過ぎない為、完璧な効果を求めることなど最初から出来ないものなのです。
なので予防接種を受けたにも関わらず病気になってしまったといって怒るのはお門違いなのです。現にどこの病院やクリニックでも、予防接種を受けることで100パーセント確実に病気を予防することが出来るなどということは謳っていないものなのです。そうである以上、予防接種をしてくれた医療機関等を責めるような愚かな真似はしてはいけないのです。そしてむしろ接種してくれて感謝をするべきなのです。
それは何故かというと、確かに病気に感染こそしてしまったものの、実は通常よりも軽くおさまっているという可能性が非常に高いからです。つまり予防接種を受けたことによって病気にかかることを防ぐことは出来なかったものの、重い症状が出ることはおさえられたということが多いのです。なのでやはり結局は接種を受けて良かったということが言える場合が多いのです。なのでやはり、時間とお金がある限り、積極的に色々な病気を予防する為の予防接種を受けていくべきなのです。そして万が一病気になってしまったとしても軽く済むと思って、慌てないことが大切です。

インフル予防接種と厚生労働省のQ&A

まもなく、今年もインフルエンザの猛威がふりかかる季節となってきており、皆さんは予防接種を受けるべきか否かについて悩んでいるのではないでしょうか?
そこで今回は、厚生労働省に向けられる予防接種に関して多い質問をピックアップしてみました。

Q.1 インフルエンザと風邪はどう違う?
A.1 インフルエンザと風邪の大きな違いは、発症したときのダメージの大きさ。風邪ならば軽く終わる症状が重症化しやすく、高齢者ならば気管支炎や肺炎、小さいお子さんならば中耳炎や熱性けいれんなどを併発しやすいリスクがあるのが特徴です。
予防接種では完全にかかるのを予防できるというのは保障できませんが、多少なりとも重症化を抑えることが出来ると最低2回を推奨しています。

Q.2 予防接種する場合はどのワクチンを受けるべき?
A.2 インフルエンザには大きく分けてA型、B型、C型という型が存在します。
一般的に人にかかりやすいといわれているのはA/ソ連型、A/香港型、B型ウイルスの3種類。毎年これらのインフルエンザを流行する前に予想し、それに合わせて病院ではワクチン接種を推奨します。
ごくまれに新型が出ることがあり、はたまた流行る型を予想し間違えてしまう事もあるかと思いますが、こればかりは攻めようが無いことかと思います。

Q.3 妊婦は予防接種を受けてもいい?
A.3 予防接種を受ける事で自身がかからない、もしくは重症化するのを予防する事が出来るのはもちろんの事、胎児にも妊婦の血液を通してワクチンが渡って胎児感染を防ぐ事が出来ます。
また、授乳中も同じで、離乳食が始まるとされる生後6ヶ月頃まではお母さんの母乳からほとんどの栄養と免疫力を受けることになりますから、本人が予防接種できるようになるまではお母さん、お父さん共に予防接種を受けて家族内での感染予防に努めてほしいとされています。

■この薬でインフル対策
インフルエンザ治療にはリレンザ